石崎代表の経営ビジョンと株式会社メソッドのサービスの関連性についてまとめました。

IT分野で活躍してきた代表・石崎雄一氏について

MENU

代表取締役 石崎雄一

 

株式会社メソッドの代表石崎雄一氏はIT分野でずっと活躍をされてきた方です。
石崎氏が率いるメソッドは各企業が自社のホームページなどのアクセス数を伸ばしたり、より人気を得るものとするにはどうしたらいいのかなどをサポートしたりする活動を主にしていました。

 

そのような中でインターネット上で集客事業を効率的に行うシステムを開発したり、新たな技術をリーズナブルに提供するノウハウなどを蓄積したりしてきました。
そして、その実績をネット上での誹謗中傷や風評被害対策にも活かすようになったのです。

 

 

石崎氏の適切な流れの読み

 

手を差し出す男性

世界中に無数に存在するサーバーを効率的に調査したり、検索エンジンに悪質なコメントが表示されたりしないような逆SEOなどを各企業に提供するようになりました。

 

企業の集客に重きをおいて活動してきた石崎氏が、企業を問題から守るサービスを提供するようになったことで、より一層顧客目線での対策をすることができたり、風評被害対策をすると同時に集客も行うなどの効果的なサポートをすることが出きたりするようになったのです。

 

これは石崎氏が時代の流れを適切に読み、企業のニーズに敏感であったために取ることができた経営方針でしょう。

 

しかし、石崎氏は企業にばかり目が向いているわけではありません。

 

ネットを使う子どもたちや家族にも目を向け、安心してネットを利用できるような環境づくりをしたいと奔走しています。

 

 

システムのイメージ

 

例えば、石崎氏はネットを使ったイジメ問題をなんとかなくそうと独自のシステムを開発しました。
子どもたちが使うSNSで、親や先生が知らない間に、個人の情報が漏れていたり、悪口が書かれていたりする事があります。
このような情報は適切な処置をしないと一生残り続けるのです。

 

情報だけではなく、いじめを経験した子どもとその家族はより大きな痛手を負います。
石崎氏はこのような状況を少しでも早く改善するためにできる技術をフルに使って対策サービスや新たな技術の開発に励んでいます。
そのために、衆院議員との情報交換なども積極的に行っているのです。

 

 

企業だけではなく、子供を含めた社会全体に目が向いている株式会社メソッドの代表石崎雄一氏はこれからもネット環境の改善に向けて奮闘していくことでしょう。