株式会社METHODでは社内勉強会を週1回開催しています。

自発性を重んじる株式会社メソッドの職場環境

MENU

働きやすい職場環境

 

株式会社メソッドはいつも働きやすい職場環境を作ることに注意を払っています。
なぜなら、職場環境次第でクライアントに対するサービスの質が大きく変わってきてしまうからです。
従業員が意欲的に働いているなら、それは自ずとクライアントとの打ち合わせや提案するサービスに表れてきます。
メソッドの顧客満足度が98%という数字は、メソッドの従業員が常に良い印象をクライアントに与えていることの証拠です。

 

社員の声

例えば、実際に今働いている社員のコメントによると、客先に常駐することがほぼ無いので、社員同士で技術をシェアできて、自分の技術力向上につながっているというものがありました。
メソッドの技術の高さの理由をこのコメントに垣間見た気がします。

 

どんなに最先端の技術があっても人間同士のコミュニケーションがなければ良い物は生まれてきません。
個人プレーではなく、集団としてチームプレーに徹することができるような職場環境を作っているメソッドはこれからも新たな技術を生み出していく環境も同時に兼ね備えていると言えるでしょう。

 

別のコメントでは社内勉強会が週に一回くらいのペースで行われているが、自由参加形式で行われているために、強制的な参加をしなくてもいい、気楽に参加できるというものもありました。
メソッドは自発性を重んじます。
しかし、自分から新たなことを吸収したい、レベルの高い技術者から学びたいと思うならそれを実現する環境がメソッドにはあるのです。

 

ガッツポーズの女性

 

システム開発やITの業界というのは残業が多い割に、給料が低いという印象があります。
しかし、メソッドは給与の中に毎月30時間の残業費を含んでいます。
そして、30時間を超える残業をするなら追加の残業費が支給される仕組みとなっています。
しかも、30時間に残業が満たないケースでも、きちんと当初の給与が支払われる仕組みとなっているのです。
このような明確な残業のシステムがあれば安心して働くことができます。

 

 

このような働きやすい職場環境の中でなら、のびのびと自分の実力を発揮できると感じるのではないでしょうか。