求人のかけかたからわかるメソッドの経営方針とは?

今注目の株式会社メソッド|気になる給与体系

MENU

メソッドの給与体系

 

優秀な人材を確保するためにどれくらいの給料を支払うかというのは各企業が頭を悩ますところです。
しかし、メソッドは今いるIT専門のスタッフに加えてさらに、優秀で可能性のある人材を得るために魅力的な給与体系を作り上げています。

 

 

職種別の給与

 

例えば、WEBプロデューサーやデザイナーは給与が月給25万円です。
就職の必須条件はHTMLやCSSのコーディングやPhotoshopやIllustratorの使用ができるということなのでさほど高いものではないでしょう。

 

一般事務の雇用に関しては月給が20万円となっています。
業務内容は書類作成や電話受付などの一般業務であり、wordやexcel、powerpointなどが使えるというオフィス業務では標準的な条件となっています。

 

専門的になると、Webプログラマーの場合は月給が30万円からとなります。
求められる業務は監視システムの整備や新たなシステムの開発補助であったりします。
Javascriptのプログラム経験など実地の経験が多く求められています。

 

 

このメソッドの給与体系はとても道理にかなっており、平均的な日本の年収に比べてもとても良いものといえるでしょう。
特に注目に値するのは、メソッドの募集対象が学歴不問であるという点です。
条件さえ満たしていれば早く働いて即戦力になってほしいという会社の攻めの姿勢がうかがえます。
通常、企業の傾向というのは大学卒業が基本的な募集要項だったりしますが、メソッドはそのような業界の常識ではなく、優秀な人材を見つけたいという気持ちを全面に出しているのです。

 

 

日本の平均的な給与

 

お札を数える

 

日本の平均的な年収は大学卒業生で220万円前後と言われています。
大体手取りで19万円くらいが一般的なようです。

 

さらに、高校卒業生の年収はもう少し低くなり160万円前後と言われてます。
手取りで13万円くらいの月収になります。
この点を考えてもいかにメソッドがすべての分野において給与を高く設定しているかが分かるでしょう。

 

しかも、高校卒業も大学卒業も関係なく経験や資格によって給与を設定する公平さは可能性を秘めた人材が集まる環境が整っていることの証ではないでしょうか。

 

真剣に働けば働くほど評価される株式会社メソッドは就職先の候補の有力な候補の一つとなることでしょう。